賃貸経営で欠かせない管理|上場する銘柄が多い不動産投資信託市場をチェック

上場する銘柄が多い不動産投資信託市場をチェック

男性

賃貸経営で欠かせない管理

集合住宅模型

空室を減らし資産を守る

マンション管理には入居者に満足を与える目的と、建物の資産価値を守る目的があります。入居者に満足を与えるマンション管理というのは、苦情やトラブルにすぐに対応したり共用部分の清掃を行ったりすることです。これがきちんと行われれば空室率も減ってマンション経営が順調になります。建物の資産価値を守るマンション管理というのは、清掃やメンテナンスを欠かさず行って設備の点検修理を確実に行うことです。また入居者の退居後の部屋のクリーニングや修繕も行います。これによって建物の劣化を防ぐことができます。この2つをしっかり行うためにはオーナー1人では無理なので、専門のマンション管理会社に委託します。もし委託している管理会社がこの2つを怠っている時は、別の管理会社に変更します。

資金管理の内容と重要性

意外と知られていないマンション管理の中には資金管理というものがあります。これは家賃の徴収だけでなく、納税のための色々な準備や入居者が退居する時の敷金の精算、長期的な建物の修繕にかかる予算などを取り扱います。資金面についてはオーナー自身が管理することも可能です。マンション経営では意外と家賃のトラブルが多いです。毎月指定された口座へ家賃が入金されているか確認して、もし確認できない場合は入居者へ催促する必要があります。滞納がある場合はトラブルに発展する可能性もあります。また更新月の手続きも大切です。特に2月から3月には集中しやすいので、基本的には資金管理もマンション管理に委託した方がオーナーにとっては楽です。管理会社から常に報告を受ける形にしておきます。